当院の特徴

極力痛くない、削らない治療

極力痛くない治療

痛くない治療歯科治療の際の痛みは、大人・子供関係なく、誰にとっても嫌なものです。しかし、昨今では医療の発達により、昔と比べてかなり痛みを抑えられるようになっています。当院では、可能な限り痛くない治療を行うために以下の工夫をしております。

表面麻酔

歯科治療の際に感じる痛みは、主に麻酔注射をする際の痛みだとされています。そのため、当院ではすぐに麻酔注射を行うのではなく、注射する部位に「表面麻酔」というものを利用して麻痺させ、その上で麻酔注射をします。そのため、ほとんど痛みを感じません。

極細の針

治療の際に使用する針は、細ければ細いほど痛みを軽減させます。当院では現在発売されている中でも一番極細の針(33G)を使っており、ソフトに注射することで痛みをできる限り抑えています。

電動麻酔注射

急激に麻酔液を注入すると、細胞が膨張して痛みの原因になります。そのため、痛みを抑えるためにはゆっくりと時間をかけて麻酔液を注入していくことが必須です。そこで当院では、注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し、痛みを最小限に抑えております。

極力削らない治療

歯を削った場合、詰め物や被せ物をして機能を取り戻すことはできますが、削ってしまった歯が再生することはありません。歯科医療は日々進化していますが、それでも天然歯に勝る歯はこの世に存在しないといわれています。歯を削ることは、歯の寿命を縮めることにつながります。何度も治療を繰り返すうちに削る部分がなくなってしまい、最終的には歯を抜かざるを得ない状態になり、インプラントや入れ歯しか方法がなくなるというケースもあります。当院では、ひとりでも多くの患者さんのお口の健康を守り、ご自身の歯があることの幸せを感じていただきたいと考えております。だからこそ、可能な限り削らないむし歯治療を目指しているのです。そのために以下の方法を取り入れております。

う蝕検知液

う蝕検知液とは、むし歯の部分のみを赤く染める薬剤です。むし歯に感染した部位がわかれば、その部分だけを削ればいいので、健康な歯まで削ってしまう可能性が少なくなります。

しっかりとお話しをお伺いします

私たちの喜びは、歯科治療を通して患者さんに「歯が痛くなくなった」「口の中がすっきり気持ちよくなった」「歯医者さんと話ができてホッとした」といっていただき、笑顔になってもらえることです。
そのためには、ドクターをはじめスタッフ全員がいつも笑顔で患者さんをお迎えすることが大切だと考えております。そして、遠慮なくお悩みやお困り事を相談していただけるように、診療時間を心地よく過ごしていただけるように、次回も気持ちよく通院していただけるように、患者さんの気持ちをしっかりと思いやることを常に意識しています。

患者さんのための目配り・気配り・心配り

歯科治療の際は、歯やお口の中の症状を改善することはもちろん、体質、生活環境、そして患者さんのご希望に合ったものをご提供することが大切です。治療に求められるものは千差万別であり、例え同じ進行度のむし歯であっても、治療が同じとは限りません。歯やお口の中を本来の健康な状態に戻すために、患者さんの条件や状況に適した治療が何なのかを探り、さまざまな選択肢をご提案するのが私たちが役目です。当院では患者さんとのコミュニケーションを大切にし、常に患者さんのご希望をお聞きすることはもちろん、快適に治療を受けていただくための目配り・気配り・心配りを大切にしています。

丁寧な説明とカウンセリング

初診の患者さんには、まず口腔内の検査を受けていただきます。そのデータや口腔内写真、資料などをモニターに表示しながら、お口の中の状態をわかりやすくご説明します。ひとりひとりの患者さんにたっぷりと時間をかけてカウンセリングを行いながら、症状や体質に適した治療方法をご提案いたします。治療方法についての不安や疑問などがありましたら、どうぞ遠慮なくご相談ください。

治療内容の選択権

私たちは患者さんに対して「どういった症状なのか」「そのためにどんな治療をしたらいいか」をじっくりとご説明した上で、最適だと思われる治療方法をご提案します。ただ、決してそれを押しつけたり、患者さんの承諾なしに行うことはありません。治療方法を選ぶのは患者さんご自身です。満足のいく治療を受けていただくために、治療について十分に理解し納得してもらい、患者さんに治療方法を選んでいただいてから、実際の治療を始めていきます。

経験豊富なスタッフによるチーム医療

当院では、経験豊富なスタッフによるチーム医療を実践しております。どんな職場でも、チームは必ず存在しますが、どのような組織とコミュニケーション体制を作るかによって、患者さんの満足度に差が出てきます。加えて、患者さんの主体的な態度を引き出せるかどうかも、チーム医療の取り組みで決まっていきます。
チーム医療は、それぞれの専門職が自分たちの領域できちんと役割と責任を果たすことで成り立っています。そのためには、お互いの独自性を尊重し合うことが重要です。チーム医療は、安心・安全・良質な医療サービスを提供するためのキーポイントとなります。

院内技工士による質の高いスピーディな対応

歯科技工士とは、歯科医師の指示を元に補綴物(義歯、詰め物・被せ物)などの製作や加工を行っている専門職です。当院には、経験豊富な歯科技工士が常駐しています。歯科技工士が常駐していることで、補綴物を迅速かつ精巧に製作、調整することができ、患者さんのご希望をより忠実に叶えられます。
普段は歯科技工士がオーダーに合わせて補綴物を作っていますが、細かいチェックが必要な時などはドクターが製作に立ち会うこともあります。また、歯科技工士が治療に立会い、患者さんの歯の色味や形をチェックすることもあります。
こうして、お互いに意見交換をすることで、患者さんのお口の中に合わせた質の良い補綴物が形となっていくのです。

子ども大好きな院長がお待ちしております

当院では、お子さんのむし歯の治療から、定期検診、歯みがき指導までを行っております。むし歯予防のためには、歯が生え始めた小さな頃からのお口のケアが大切です。お子さんの歯は、前歯の根本や奥歯の境目がむし歯になってしまうことが多いです。治療の際には、親御さんと協力しながら、お子さんのお口を診ていきます。当院は、院長をはじめ、子供好きのスタッフが揃っておりますので、歯医者さんが苦手なお子さんでも大歓迎です。

0248-22-6460
一番上に戻る
須藤歯科医院ブログ 医療補控除について 求人情報