歯周病・予防歯科

日本人の80%が歯周病です

歯周病は、日本人の成人の約80%が患っているといわれる病気です。
歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれる歯周病菌に感染することで発症し、歯ぐきの腫れや出血がみられ、最終的には歯が抜けてしまいます。発症しても痛みなどの自覚症状が出にくく、放置されてしまうこともよくありますが、その結果として知らず知らずの間に重症化することも珍しくありません。定期的に歯科検診を受けて、歯周病予防に努めましょう。
歯周病の治療は、症状の進行具合によって変わります。軽度であれば歯のクリーニングのみで完了です。クリーニングで歯垢や歯石を除去すると徐々に歯ぐきが引き締まり、本来のイキイキとした歯ぐきがよみがえります。
中度の場合には、器具を使用して歯周ポケットの奥にこびりついた歯石や汚れを除去していきます。出血や痛みを伴うこともあり、痛みが激しい場合には麻酔を使います。
重度の場合には、麻酔を使用した状態で歯ぐきの一部を切開し、歯の根元部分から歯石を除去する治療を行います。
歯周病は放っておくと治療期間が長くなり、患者さんの負担がどんどん大きくなります。早めに受診して、初期のうちに治すのがベストです。

歯周病が与える全身への悪影響

ひどくなると歯が抜け落ちてしまう歯周病ですが、その影響はお口の中だけにとどまらず、場合によっては身体の至るところに支障をきたします。以下は歯周病と関連のある病気です。

心臓病や脳梗塞

歯周病菌が血管に入り込むと血栓ができやすくなり、心筋梗塞や狭心症などの心疾患、さらには動脈硬化や脳梗塞を引き起こすこともあります。

 

 

 

誤嚥性肺炎

だ液内の歯周病菌が気管から肺に入り込むと、肺炎になる危険性があります。飲み込む力が弱い高齢者がかかりやすいので要注意です。

 

 

 

糖尿病

歯周病と糖尿病は相互関係にあり、それぞれの症状悪化を誘発するとされています。

 

 

 

 

早産

歯周病菌は子宮の筋肉に影響し、早産や低体重児出産の危険性を高めてしまいます。妊娠中はつわりやホルモンバランスの変化などから歯周病にかかりやすいので、十分に注意してください。

 

骨粗しょう症

骨密度が低くなり、骨がもろくなる病気です。歯周病になると歯を支える歯肉が破壊されますが、骨粗しょう症によって歯槽骨が弱くなることで破壊がさらに進んでいきます。

 

 

 

歯磨きだけではむし歯・歯周病は予防できません

「毎日歯みがきをすれば、むし歯や歯周病にはかからない」と思っていませんか? 実は、歯みがきだけでむし歯や歯周病を予防することは不可能です。歯みがきはセルフケアとして重要ではあるものの、それだけではむし歯や歯周病を予防するために重要なバイオフィルムの除去ができないからです。
バイオフィルムを除去するためには、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる歯のクリーニングが効果的です。やわらかい特殊な器具で歯をキレイにしていくため、痛みなどはありません。定期的に受けることでバイオフィルムや歯石、さらに歯の着色汚れも除去するので、自然で美しい白い歯になります。術後は歯がツルツルになり、お口の中がサッパリすると患者さんから好評です。ぜひ一度お試しください。

当院の予防歯科の特徴

歯科衛生士在籍

当院には歯科衛生士が在籍し、フッ素塗布、歯のホワイトニングやクリーニング、定期検診などを担当しております。予防処置の際には、患者さんのお口の状態についてわかりやすくご説明し、ブラッシング指導やセルフケアについてのアドバイスも行っております。患者さんのライフスタイルに合わせたご提案をいたしますので、お気軽にご相談ください。予防歯科を通して、患者さんの健やかな毎日のためのサポートができれば幸いです。

 

歯の着色除去(ヤニ取り、茶渋取り)

「毎日歯みがきをしっかりしているけれど、歯の汚れが気になる」という方はいらっしゃいませんか? 特にコーヒーやタバコを嗜んでいる場合はそれらの色素が歯に付着しやすく、一度付着してしまうと歯みがきをしてもなかなか取り切れません。
歯の着色は、歯垢や歯石とは違ってむし歯や歯周病を引き起こすことはありませんが、見た目や第一印象にかかわります。そのため、接客業や営業職の方など、人と接する機会の多い方は気になることが多いようです。
着色除去に有効なのが、定期的な歯のクリーニングです。黄ばみやヤニ、茶渋を除去して、白く美しい歯にしていきます。キレイな歯で笑顔に自信が持てるようになりましょう。

予防歯科メニュー

当院では、患者さんのお口の状態や歯並びなどを考慮した、効果的なブラッシング方法のアドバイスを行っております。ご自身ではすみずみまでしっかりと磨いているつもりでも、間違ったブラッシング方法では歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残りがちです。患者さんのお口の形や歯並びに合ったブラッシング方法を実践すれば、セルフケアの効果が高まり、むし歯や歯周病の予防率がアップします。

 

定期検診の大切さ

定期的に歯科検診を受けていた人とそうでない人では、80歳の時に残っている歯の本数に差が出るといわれています。定期検診を受けていた人は15.7本、受けていない人は6.8本の歯が残り、8.9本もの差が出るのです。「むし歯治療が終わっても歯医者に行かなければならないなんて面倒だ」と思うかもしれませんが、この先もずっと健康なお口を保つためにも定期検診は欠かせません。ベストなのは3カ月ごとの定期検診ですが、無理なく継続的に受けられる頻度で構いません。お口の健康をキープするために、ぜひお気軽にお越しください。

0248-22-6460
一番上に戻る
須藤歯科医院ブログ 医療補控除について 求人情報 予約