歯周病・予防歯科

日本人の80%が歯周病です

日本人の成人の約80%が、程度の差はあれど何かしらの歯周病を患っているといわれています。歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染して、ひどくなると歯肉(歯ぐき)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、歯の周りの病気の総称です。歯周病は痛みが少なく、これといった自覚症状も出にくいため、軽度の場合には放置されてしまうケースが少なくありません。「毎日歯を磨いているから大丈夫」「痛くないからむし歯はないだろう」と自己判断することなく、定期的に歯科検診を受けていただくことをおすすめします。むし歯や歯周病の早期発見・早期治療を行うことは、さまざまなストレスや負担から解放されることにもつながります。
軽度歯周病と判断された場合には、治療は歯のクリーニングのみで完了します。通院も数回程度なので、時間的にも負担に感じずに治療を終えられます。クリーニングで歯垢や歯石を除去すると、徐々に歯ぐきが引き締まっていきます。出血が治まると、本来のイキイキとした歯ぐきを取り戻せます。中度歯周病の場合には、ある程度の深さにまで歯肉が食い込んでしまっています。この場合、器具を入れ込んでの治療になるため、治療時に出血や痛みを伴います。ルートプレーニングを使って、歯周ポケットの奥にこびりついた歯石や汚れを除去していきますが、痛みが激しい場合には麻酔を施しての治療になります。重度歯周病の場合には、ルートプレーニングでは届かない位置にまで歯石が付着しています。ここまで症状が進んでしまっていると、外科的に歯ぐきの一部を切開し、歯の根元部分から歯石を完全に除去するという治療が必要になります。当然、歯ぐきの縫合も必要になるため、麻酔を使用します。歯周病が進むと、治療に痛みが伴ったり、通院回数が増えるなど負担が大きくなります。こうなってしまう前に、早めに受診しましょう。

歯周病が与える全身への悪影響

歯周病は、重症になると歯が抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。さらにその影響はお口の中だけでなく、以下の全身疾患に深い関係があるといわれています。

心臓病や脳梗塞

歯周病菌が血管に入り込むことで、血栓ができやすい状態になります。結果として心筋梗塞、狭心症などの心臓の病気や、動脈硬化や脳梗塞を招くことがあります。

 

 

 

誤嚥性肺炎

唾液に含まれている歯周病菌が気管を通り、肺へ入り込むことで肺炎を引き起こす可能性があります。特に飲み込む力が弱い高齢者に多くみられる肺炎のひとつです。

 

 

 

糖尿病

昨今の研究で、歯周病と糖尿病に深い相互関係がみられることがわかりました。それぞれの症状の悪化を誘発するといわれています。

 

 

 

早産

妊娠を機につわりやホルモンバランスの変化などで口内環境が変わり、歯周病になりやすい妊婦さんは特に注意が必要です。歯周病菌が子宮の筋肉に影響を与えることで、早産や低体重児出産を引き起こす危険性を高める原因となるといわれています。

 

骨粗しょう症

骨粗しょう症はご高齢の女性に多く見られる症状で、骨密度が低くなり、骨がもろくなります。全身的に骨が弱くなると、歯を支える歯周組織にも影響があると考えられています。また、歯周病は歯を支える歯肉を破壊します。歯槽骨が弱くなると歯周組織の破壊が進みやすくなるため、骨粗しょう症は歯周病を進行させる一因として考えられています。

 

 

歯磨きだけではむし歯・歯周病は予防できません

むし歯や歯周病に関して「毎日歯を磨いているから大丈夫」と考えている方が多くいらっしゃいます。しかし、残念なことに歯みがきだけではむし歯や歯周病の予防はできないのです。もちろん、毎日の歯みがき習慣はとても大切ですが、むし歯や歯周病の原因となるバイオフィルムの除去をしない限り、完全な予防とはいえません。
そんなバイオフィルムを除去するために必要なのが、歯科医院で受けることのできる歯のクリーニングです。PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる、プロによる機械を用いた歯のクリーニングを定期的に受けることをおすすめします。頑固な汚れであるバイオフィルムや歯石の除去だけでなく、歯の着色汚れも除去するので、歯の自然な白さがよみがえります。さらに、歯がツルツルになり、お口の中もサッパリするので、爽快感がクセになると患者さんから大好評です。クリーニングではやわらかい特殊な器具を使うため、痛みもなく安心・安全です。ぜひお試しください。

当院の予防歯科の特徴

歯科衛生士在籍

当院には、歯科衛生士が在籍しております。フッ素塗布から歯のホワイトニング、クリーニングや定期検診まで、さまざまな予防処置を実施することはもちろん、現在の口腔内がどんな状況かということもわかりやすくご説明いたします。加えて、ブラッシング指導やご自宅でのケア方法についてのアドバイスも行っております。患者さんのお口の中の状況やライフスタイルに合わせたご提案をいたします。
むし歯予防を意識して、健康な歯を維持し続けることができれば、結果的に治療費がかからないため、医療費を抑えることにつながります。定期的な歯のメンテナンスを通して、患者さんが健やかに過ごしていけるようなお手伝いをしたいと思っております。

歯の着色除去(ヤニ取り、茶渋取り)

毎日、歯みがきをしているのにもかかわらず、歯の汚れが気になる、全体的に歯がくすんでいる気がするという方は珍しくありません。白い歯には、コーヒーやタバコのヤニなどの色素が付着しやすく、ご自身でのブラッシングだけではとりにくいシミのようなものができてしまいます。
歯垢などとは違って、歯の表面の汚れ自体はそれほど有害なものではありませんが、歯の汚れは見た目や笑顔に大きく影響するので、人と接する機会の多い職業の方などは特に気になるものです。
この気になる汚れを取り除くことができるのが、「歯のクリーニング」です。クリーニング専門スタッフによるクリーニングを受ければ、白く輝く歯を手に入れられます。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

予防歯科メニュー

当院では、おひとりおひとりのお口の状態や歯並びなどに合わせた、正しいブラッシング指導を行っています。むし歯や歯周病の原因のほとんどは、ブラッシング不足や間違ったブラッシングを行っていることです。歯科医院での予防や治療だけでは、むし歯から歯を守ることはできません。「きちんと磨いている」と「きちんと磨けている」には大きな差があります。ご自身ではしっかり磨いているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っている場合が多いものです。当院のスタッフが患者さんのお口の形や歯並びに合ったブラッシング方法を伝授させていただくことで、日々のホームケアの精度もアップし、むし歯や歯周病が予防できる可能性が高まります。

定期検診の大切さ

定期的に歯科検診に通っていた人と通っていない人とでは、80歳の時に残っている歯の本数に違いが出るというデータがあります。検診に通っていた人の残っている歯は15.7本、一方の通っていなかった人は6.8本しか残っておらず、その差は8.9本もあります。
こうしたデータからもわかるように、定期的に検診へ通うことで、お口の中の状態を健康に保つことが可能です。予防するために歯科医院へ通うという意識があるかどうかも、残っている歯の本数に影響が出ていると考えられます。
歯周病の状態の確認は、一般的に3カ月ごとの検診が望ましいとされております。将来のご自身の歯を守る意味でも、検診を欠かさないようにしましょう。

0248-22-6460
一番上に戻る
須藤歯科医院ブログ 医療補控除について 求人情報