小児歯科

当院の小児歯科の特徴

無理強いしない治療

小児歯科で大切なのは、なるべくお子さんの意志を尊重することです。特に、初めての来院の際には、まずは治療よりも歯科医院の雰囲気に慣れていただいたり、院長やスタッフと仲良くなって、お子さんとの関係性を構築するところからスタートします。お子さんが自然と診療台に座れるようになるまで、ゆっくりと慣れてもらうことから始めます。緊急時を除いて、無理に治療を始めることはありませんのでご安心ください。
嫌がるお子さんを無理矢理診療台に座らせて治療を終えたとしても、「二度と歯医者には行きたくない」というトラウマを植え付けてしまう可能性が高いでしょう。歯科医院は、何よりもきちんと通っていただくことが大切です。当院では、お子さんが歯科医院を嫌いにならないような流れを組むことを最優先しております。コミュニケーションをしっかりとって、お子さんのペースに合わせていくと、お子さんは次第に心を開いていき、治療に協力してくれるようになります。当院で一緒にお子さんの成長を見守っていきましょう。

フッ素塗布無料

当院では、むし歯予防の一環として、フッ素塗布を無料で行っています。むし歯の原因菌が出す酸などによって、歯の表面にあるエナメル質のカルシウムやリンが溶けてしまうと、通常は唾液が溶けてしまったエナメル質を元に戻す働き(再石灰化)をします。この再石灰化を促進させるのがフッ素塗布になります。再石灰化が促進されることで、むし歯になりにくい歯を作ることができます。
フッ素塗布は、定期的に行っていただくことをおすすめしています。また、ご自宅でのケアとして、フッ素入りの歯磨き剤やフッ素入りのうがい薬などを合わせてご使用いただくことで、よりむし歯になりにくい歯を作ることができます。当院では、効果の期待できるフッ素入りの歯磨き剤などもご紹介しています。ご興味のある方はご相談ください。

むし歯から子供を守るために必要なこと

「どうせ乳歯は生え替わるから」とお子さんのむし歯を放置していませんか? 実はむし歯のケアは乳歯の頃から行うことが大切なのです。
乳歯は歯の表面のエナメル質が永久歯に比べて薄いため、酸に溶けやすく、むし歯になりやすい状態です。そのため、お子さんのお口の健康を真剣に考えるなら、しっかりと予防を心がけることが必要です。乳歯のむし歯は、お子さんの咬む力や食欲だけでなく、骨格、発音、容姿までを左右するほどの大きな影響があります。そして乳歯だけでなくこれから生えてくる永久歯にも関わってきます。お子さんの歯について少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

赤ちゃんにはむし歯菌は存在しない

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌が存在しません。つまり、赤ちゃんのむし歯の原因は、外からやってくるのです。親御さんやご家族による食べ物の口移し、スプーンやお箸、食器の共有、愛情表現のキスは、唾液を介してむし歯菌を赤ちゃんに感染させてしまう原因となります。むし歯菌の感染を防ぐためには、赤ちゃん専用の食器やスプーンを用意すること、赤ちゃんが生まれてくる前にご家族全員のお口の環境を整えておくことが大切です。

生活習慣の見直しを

お子さんの歯をむし歯菌から守るために、歯が生えてきたらまず当院までお越しください。歯の状態を確認し、むし歯予防に効果的なケア方法などを詳しくお伝えします。また、普段の生活では、おやつや食事は時間を決めて食べる、糖分の多いおやつは控えめにする、食べたら歯みがきを欠かさず、できない時には口をゆすぐということを習慣づけましょう。

 

大切なのは仕上げみがき

飲食後の歯みがきやうがいは、むし歯予防に効果的です。欠かさずに行うようにしましょう。歯みがきの中でも重要なのが、就寝前の歯みがきです。お子さんが自分でしっかりと歯みがきができるようになるのは8?9歳頃ですので、それまでは親御さんがしっかりとサポートすることが必要です。お子さんの歯みがきの様子を確認して、さらに仕上げみがきをしてあげましょう。当院では正しい歯みがきについての指導やサポートを行っております。お気軽にご相談ください。

 

親御さんにこそ歯について学んでいただきます

お子さんをむし歯にさせないために、親御さんに気をつけて欲しいことがいくつかあります。正しい知識を得て、お子さんをむし歯から守りましょう。

「ダラダラ食べ」は避ける

いつまでもダラダラと食べ物を食べる「ダラダラ食べ」は、むし歯になりやすい状態を作ります。むし歯は、お口の中の糖分をエサにして、むし歯菌が酸を発生し、歯が溶かされることで起こります。つまり、ダラダラ食べをして、いつまでもお口の中に食べ物(糖分)がある状態が続くと、むし歯になる可能性が高くなるということです。むし歯を予防するためには、食事の時間をしっかり決めて、食べ終わったら歯みがきをする習慣を身に付けましょう。

 

仕上げ磨きを丁寧に

お子さんは指先がまだ未発達のため、大人のようにうまく歯みがきができません。そのため、磨き残しが大人よりも多くなりやすい傾向にあります。なるべく磨き残しを出さないために、お子さんが磨いた後は仕上げに親御さんが磨いてあげるようにしましょう。奥歯や歯と歯の間、歯の裏側など、お子さんが磨きにくい部分を重点的に磨いてあげてください。

 

赤ちゃんのデンタルケア

通常、赤ちゃんの頃に最初に生えてくる乳歯は下の前歯のことが多いですが、下の前歯は唾液による自浄性が高く、むし歯になりにくいとされています。そのため、歯が生えてきたからといって、すぐに歯ブラシでしっかりと磨く必要はありません。まずは、赤ちゃんを寝かせて話しかけたり、顔や口のまわりを優しくさわったりして、リラックスした気分になってから、ガーゼや綿棒で歯を拭ってあげることから始めましょう。これに慣れてきたら少しずつ歯ブラシを使い始めます。その際、まずは歯ブラシの感触に慣れることが大切です。赤ちゃんに歯ブラシを持たせて、遊ばせてみましょう。この時、深く歯ブラシをくわえて喉の奥をついたりしないように注意してください。
上の前歯は唾液が届きにくいので、下の前歯より歯磨きの必要性が高くなります。上の前歯4本が生え揃ったら、ガーゼではなく歯ブラシでケアしていきましょう。なお、上唇の裏側にある上唇小帯という部分は、低年齢うちは歯ぐき側に長く付着していることが多いのですが、ここを歯ブラシで強く磨くと痛みを伴うので、お子さんが歯みがき嫌いになりやすいといわれています。そのため、保護者の方が赤ちゃんの歯を磨く際には、左手の人差し指を横にして上唇小帯の上に乗せ、なるべく歯ブラシが当たらないようにすると良いでしょう。歯ブラシを歯に当て、軽い力で細かく動かして磨いていきます。

マタニティー歯科

当院では、妊婦の患者さんを対象に、これから生まれてくるお子さんのお口の中の健康を生まれてくる前から守り始めることができる「マタニティー歯科」をご案内しています。むし歯や歯周病は感染病であり、お母さんやご家族がむし歯菌や歯周病菌を持っていると、お子さんに感染するリスクが高まります。しかし、お母さんがマタニティー歯科を受けていると、お子さんをその菌から守ることができたり、感染時期を遅らせることができるのです。
また、妊娠中はホルモンのバランスが崩れたり、つわりなどで歯みがきがおろそかになりやすいため、歯ぐきが腫れやすくなります。その結果、歯周病を引き起こしてしまうと、赤ちゃんが低体重児で生まれてきたり、早産を引き起こす可能性が高まってしまいます。
妊娠中は普段以上にお口の環境に注意することが必要です。特につわりの時期は、歯みがきが苦痛になるかもしれませんが、そんな時には無理せずに、とりあえず口をゆすぎ、気分が良くなったらしっかりと磨くようにしましょう。トラブルなく安全に出産をしていただくためにも、体調の良い時や安定期に入ったら検診を受けることをおすすめします。マタニティー歯科で妊娠中からお口の中の健康を維持していきましょう。

妊娠中の女性の身体の変化と口内への影響

だ液の変化

だ液の性質が変化し、お口の中が常にネバネバした状態になります。結果として、細菌が繁殖し、むし歯や歯周病になりやすいとされています。

血中ホルモンの増加

妊娠中は、女性ホルモンの血中濃度が高まりやすくなります。すると、女性ホルモンを利用して増える歯周病菌の原因菌が増殖することから、歯肉の炎症が起きやすくなります。

つわり

つわりによって歯みがきが難しくなったり、おろそかになったりすることで、歯垢や歯石が付着してむし歯や歯周病になりやすい状態が続きます。

食欲の変化

妊娠中は普段と比べて食欲が高まったり、つわりの影響で少しずつ何回も食べるようになったりすることで、お口の中が常に汚れた状態になります。よって、むし歯や歯周病になりやすい状態が続きます。

0248-22-6460
一番上に戻る
須藤歯科医院ブログ 医療補控除について 求人情報