歯が抜けてしまった場合

歯を失った状態を放置しておくリスク

人間の歯は、永久歯が上下合わせて28本、親知らずを含めると全部で32本あります。これらの前歯、小臼歯、大臼歯が上下バランス良く咬み合うことで、舌や顎関節、筋肉などが適切に機能し、お口と身体のバランスを保つことができます。
むし歯や歯周病、事故などにより歯を失ってしまうことがありますが、その際に「1本くらいならなくても大丈夫」「目立たない場所だからそのままでも気にならない」「歯医者に行くのが面倒くさい」などの理由で、抜けてしまった歯をそのまま放置してしまう方がいらっしゃいます。しかし、歯を失ったまま放置しておくと、歯並びが悪くなる、顎の骨に力が入らなくなり骨が痩せる、しっかり咬めないことで消化器官に負担がかかる、正しい発音ができなくなる、顔の左右のバランスが乱れ輪郭に変化が出る、顔や首にシワやたるみが増える、思考能力や集中力が低下するなど、さまざまな身体のトラブルに見舞われる可能性があります。歯を失ってしまった場合はお早めに当院までご相談ください。

治療法の比較(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

歯を失った時の主な治療には、インプラント、入れ歯、ブリッジの3つがあります。それぞれのメリットやデメリットがありますが、いずれの治療も、まずは患者さんの口腔内の状態によって向き不向きがあることをご理解ください。最適な治療の提案をいたしますので、まずは遠慮なくご希望をお話しください。

インプラント

メリット

天然の歯と同様の感覚で咬むことができ、自分の歯をより多く残せる。周りの歯に悪影響を与えない。

デメリット

手術が必要となり、治療費が高い。治療期間が長くなる傾向にある。

入れ歯

メリット

治療期間が短く、治療費が安い。

デメリット

硬いものが食べにくい。ガタついたり、違和感がある。見た目が悪い。

ブリッジ

メリット

固定式なので違和感が少ない。セラミックを使用すれば天然の歯のような仕上がりになり、短期間での治療が可能。

デメリット

治療のために歯を削る必要があるので、支えとなる歯に負担がかかる。食べかすが溜まりやすい。

当院の入れ歯治療の特徴

当院には、歯科技工士の常駐する歯科技工室が院内に設置されています。急ぎの仮歯の製作から、入れ歯の補修も即日対応が可能となっており、できる限り患者さんをお待たせしないよう努力しています。製作の際は、ドクターと歯科技工士が密なコミュニケーションをとっておりますので、ひとりひとりの患者さんに寄り添い、ご希望に合った精度の高い入れ歯の製作が可能です。義歯や入れ歯を作るだけでなく、歯の色や咬み合わせなども歯科技工士が直接確認しているので、より快適な装着感と美しい見た目が実現します。
入れ歯は、長期間使っているとどうしても歪みやたわみが生じてきます。そうなった場合には調整が必要ですが、一般的には技工所に入れ歯を送るため、一定期間入れ歯をお預かりしなければなりません。当院は技工士が常駐した院内技工所を併設していますので、歪みやたわみが生じた場合、その日のうちに対応が可能です。技工士がその場で調整するのでお預かりする必要がなく、ほとんどの場合はその日のうちにお返しできます(人工歯がすり減っている場合などはお預かりすることもあります)。
合わない入れ歯を使い続けていると、歯や歯ぐきに大きな負担がかかり、咬み合わせにも影響を及ぼします。少しでも入れ歯の調子が悪いと感じたら、なるべく早めにご来院ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険適用のものとそうでないものがあります。ご予算、治療にかけられる時間、見た目、機能性など、まずは患者さんのご希望を細かくお話しください。適切な方法をご提案いたします。

 

 

保険適用の場合

保険の入れ歯の目的は、必要最低限のお口の機能の回復となっているので、見た目が自然であることなどは考慮されていません。そのため、素材もレジンしか選ぶことができません。とはいえ、保険適用の場合でも、少しでも使いやすいと感じていただけるように作製しますのでご相談ください。

自費診療の場合

お口によくなじみ、しっかり咬むことができます。見た目も、患者さんの理想に近い素材と設計でお作りするので、細かいリクエストでも応えることができます。

入れ歯の調整

入れ歯が痛い、違和感がある、うまく噛めないといったお悩みはありませんか。入れ歯の不具合を我慢して使っている、現在の入れ歯に満足できていないという場合は、当院までご相談ください。不具合を感じている入れ歯でも、調整や修理を行うことで、快適な使い心地にすることが可能です。他院で作った入れ歯でも構いませんので、お持ちいただければ、不具合部分をチェックいたします。ほとんどの場合、調整だけである程度は改善できます。どうぞお気軽にお持ちください。

入れ歯の種類

金属床義歯

薄さと強度が特徴で、床などに落としても割れる心配がありません。熱伝導率が高いので、食べ物の温度が感じやすく、食事がおいしく食べられます。ただし、費用が高く、金属を使用しているので金属アレルギーを起こす可能性もあります。

ノンクラスプデンチャー

自然で美しく、快適なつけ心地が特徴です。金属のバネを使わず、軟らかい素材です。装着時の違和感も少なく、入れ歯をしているようには見えません。ただし、保険適用の義歯に比べて費用がかかります。

0248-22-6460
一番上に戻る
須藤歯科医院ブログ 医療補控除について 求人情報