一般歯科

むし歯になったら悪化する前に治療を

むし歯は、初期の段階では痛みがほとんどないのが特徴です。「食べる時に痛む」「何もしなくてもズキズキする」「腫れている感じがする」といった症状がはっきりと感じられる時には、すでにかなり進行しているケースがほとんどです。
むし歯が悪化すると、痛みによるストレス、治療が長引くことによる経済的な負担、時間的な拘束などがどんどん増えていきます。そうした事態を避けるためにも、「そんなに痛くないからまだ歯医者に行かなくても大丈夫」「面倒くさいから歯医者に行くのはまた今度」と放置せず、なるべく早めの治療を心がけましょう。

当院のなるべく痛くない治療

むし歯になっても、すぐに歯科医院に行こうと思えないという人が多いのは「歯医者=痛い」というイメージがあるからではないでしょうか。
かつては「むし歯の治療はとても痛いもの」というのが常識でした。しかし、現在では歯科医療も進歩を遂げ、可能な限り痛みを抑えた治療ができるようになっています。当院では、以下の方法でなるべく痛くない治療を可能にしております。

表面麻酔

治療の際、痛みを和らげるために、麻酔注射を使用することがあります。しかし、多くの方は、この麻酔注射の痛みを苦痛に感じ、歯科医院が苦手になってしまうこともあります。そこで当院では、麻酔注射をする箇所にあらかじめ表面麻酔(シールタイプ)を貼ることで注射時の痛みをなくしています。効果の高い表面麻酔を導入することで、痛みの更なる軽減が可能となっています。

 

極細の針

治療の際に使う針は、細ければ細いほど痛みが小さくなります。当院では、極細の針を使用しておりますので、痛みを感じることはほとんどありません。

 

針を刺す部位

お口の中には痛みを敏感に感じる部位と、あまり痛みを感じない部位が存在しています。当院では、極力痛みを感じにくい部位に針を刺すことで、患者さんが感じる痛みをより少なくすることを心がけています。

 

電動麻酔注射

急激に麻酔液を注入すると、細胞が膨張し、痛みの原因になります。そのため、ゆっくりと時間をかけて麻酔液を注入していけば、痛みがかなり軽減されます。当院では「電動麻酔注射」を導入しており、一定の速度を保ちながらゆっくりと麻酔液を注入していくので、痛みが最小限に抑えられます。ただ、症状や治療によっては、手動の方が適している場合もあるので、当院では電動麻酔注射と手動を併用し、患者さんの状態に合ったものを使用しています。

当院のなるべく削らない治療

歯は一度削ってしまうと、二度と再生することはできません。詰め物や被せ物をすることで機能を取り戻すことは可能ですが、もう元には戻らないのです。
歯を削るということは、歯の寿命を縮めることを意味します。治療を何度も繰り返していくと、削れる部分がだんだん少なくなり、最終的には抜歯してインプラントや入れ歯をするしか方法が残されていないケースもあります。昨今ではインプラントや入れ歯の性能が向上していますが、天然歯に勝る歯はこの世にはありません。当院ではひとりでも多くの患者さんにできるだけ長い間、健康なお口で過ごしていただきたいと考えております。だからこそ、以下の工夫でなるべく削らない治療にこだわっています。

超極細ドリル

歯を削るドリルには、大きいものから小さいものまで、さまざまな種類があります。治療の際に大きいドリルを使えば、当然歯を削る量も多くなります。当院では従来よりも格段に細いドリルを使用し、必要最低限のみを削っています。小さいドリルは手元が見えやすくなるので、削り過ぎを防ぐこともできます。

 

 

う蝕検知液

「う蝕検知液」とは、むし歯部分のみを赤く染める薬剤です。むし歯治療で一番大切なことは、むし歯になっている部分を完全に除去することですが、通常の治療では、むし歯の硬さを判断して、やわらかくなったむし歯部分を削ります。しかし、この方法では感染部位を確実に除去できたかどうかがわかりにくいという弱点がありました。しかし、う蝕検知液を使うことで、感染した部分が赤く染まって削るべき部分がはっきりとわかるので、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

 

訪問歯科

ここ数年、患者さんから「高齢になり、足が悪くなってきたので通院が難しい」「身体が不自由な親に歯科治療を受けさせてあげたいけど、どうすればいいのか」といったご相談を受けることが増えてきました。そこで当院では、通院が難しい高齢の患者さんでも、できる限りお口の健康を保てるようにしたく、ご自宅や介護施設などを回る訪問診療を行っております。
ご自分で咬んで食べると、唾液が分泌されて味覚が刺激されます。そして味わって飲み込むことで「おいしい」といった会話にもつながります。こうした脳への刺激は、高齢の方にとって大切なものです。訪問診療を通して、高齢の方でも義歯で食べ物を噛めるようにすることは、患者さんの生きる喜びにもつながると考えております。
身体が不自由で通院できない方には、お口の中の衛生状態が悪くなり、不快感や入れ歯の不具合で悩んでいるケースが少なくないようです。そうした方々は、訪問診療を受けられるのを知らないことがほとんどです。また、訪問診療をご存知の場合でも、多額の費用がかかると思い込み、断念したというケースがあります。訪問診療には保険診療が適用されますので、患者さんの治療費負担はさほど大きくありません。定期的にご利用いただくことで、患者さんのお口の中が健康になり、ご家族の負担も軽減できますのでぜひご検討ください。
お口に合わない入れ歯を使い続けていると、不快感があるだけでなく、食べ物が咬みにくくなったり、歯肉に炎症を起こしたりします。また、お口の中の不衛生な状態が続くと細菌が繁殖し、それが原因で嚥下障害や誤嚥性肺炎などを引き起こす可能性もあります。さらに、お口の健康は精神面にも大きく作用し、問題がある状態が続くと患者さんの生活の質そのものを低下させるともいわれています。
訪問診療で入れ歯の調整や口腔ケアをきちんと行った患者さんは、お口の中がキレイになったり、ドクターとコミュニケーションをとることで元気を取り戻すことがあります。心と身体を健やかに保つためにも、しっかりと口腔ケアを行うことをおすすめします。高齢のご家族のお口の状態が気になっているという方はお気軽にお問い合わせください。

0248-22-6460
一番上に戻る
須藤歯科医院ブログ 医療補控除について 求人情報