一般歯科

むし歯になったら悪化する前に治療を

むし歯は、できたばかりの時点では痛みがほとんどありません。「食事の度に歯が痛い」「常にズキズキする」「歯ぐきが腫れている」などの自覚症状が現れた時には、むし歯がかなり進行している可能性が高いです。
むし歯は悪くなればなるほど、痛みが増して治療が長引きます。結果としてストレスや経済的負担、通院回数が増えるばかりです。そうならないために、少しでも痛みや腫れがあれば早めに治療し、定期検診を欠かさないようにしましょう。

当院のなるべく痛くない治療

ひと昔前まで、むし歯の治療は痛いものでした。そのせいで「歯医者に行くと痛い思いをする」というイメージが定着してしまい、年齢問わず歯医者嫌いの方が存在します。
ただ、あくまでもそれはひと昔の話であり、現在ではできる限り痛みを抑えた治療が可能です。当院では、以下の方法でなるべく痛くない治療に取り組んでおります。

表面麻酔

麻酔注射は、治療の痛みを和らげるために使うものです。しかし、この麻酔注射の痛みが苦手な方も多く、歯医者嫌いの原因となることもあります。当院では、麻酔注射の前に表面麻酔を塗り、麻酔注射の痛みを抑えています。一般的な歯科医院で使用している表面麻酔よりも、さらに効果の高いものを導入し、痛みを極限まで減らしています。

 

 

極細の針

治療で使う針は、細ければ細いほど痛みを抑えられます。当院の針は極細タイプですので、ほとんど痛みを感じないようになっています。

 

針を刺す部位

お口の中には、痛みを敏感に感じる部位とそうでない部位があります。当院では、注射の際に痛みを感じにくい部位に針を刺しておりますので、痛みが苦手な方でも安心して治療を受けられます。

 

電動麻酔注射

麻酔液を注入する際のスピードが速いと細胞が膨張して痛みが出ますが、ゆっくりと時間をかけて注入すれば痛みの軽減につながります。電動麻酔注射を使うと、一定の速度を保ちながらゆっくりと麻酔液を注入できるため、痛みが抑えられます。なお、症状や治療によって手動の方が適している場合もあるので、必要に応じて電動麻酔注射と手動を使い分けています。

当院のなるべく削らない治療

歯は、削ってしまうと二度と再生することができません。削っても詰め物や被せ物をすることで機能はよみがえりますが、歯そのものの寿命は縮まってしまいます。
歯を何度も削ると、削れる部分がだんだん少なくなり、最悪の場合は抜歯してインプラントや入れ歯をする方法しか残されていないというケースもあります。インプラントや入れ歯の性能が年々向上しているとはいえ、天然の歯には勝てません。
当院では患者さんにできるだけ長い間、ご自身の歯の健康を保ってほしいと考えていることから、なるべく削らない治療に取り組んでおります。そのために、以下の工夫を行っております。

超極細ドリル

歯を削るドリルには、大小さまざまなタイプがあります。大きいドリルは当然歯を削る量も多くなりますので、当院では手元が見えやすく細かい作業ができる極細のドリルを使用して、削る量を最小限に抑えています。

 

 

う蝕検知液

むし歯部分のみを赤く染める薬剤です。一般的な治療では、むし歯になっている部分を除去するため、やわらかくなったむし歯部分を削ります。この方法ではむし歯部分をしっかり除去できたかが不明確なのですが、う蝕検知液を使えば感染した部分のみが赤く染まり、削る部分がわかりやすくなります。よって、歯を削る量を最小限に抑えられます。

 

訪問歯科

当院では、さまざまな事情から通院できない高齢の患者さんのお口の健康を守るために、ご自宅や介護施設などに伺う訪問診療を行っております。ここ数年、高齢で身体が不自由などの理由で通院が難しい患者さんやそのご家族の方から「歯医者に行きたくても行けない」といったご相談を受けることが増えてきたためです。

訪問歯科診療はまだ認知度が低いため、歯科医院に行けずお口のお悩みを解消できないままのお年寄りは多くいらっしゃいます。また、訪問診療をご存知でも「費用負担が大きいのでは?」と思い、利用できていない方もいるようです。訪問診療は、通常の歯科治療と同じく保険適用となりますのでご安心ください。

お年寄りのお口でお悩みで特に多いのは入れ歯の不具合です。合わない入れ歯を使い続けていると不快感があるのはもちろん、食べ物が噛みにくくなったり、歯肉炎になることもあります。また、お口の中が不衛生になると細菌が繁殖し、嚥下障害や誤嚥性肺炎などの原因になることもあるのです。さらに、お口の状態がメンタルヘルスにも影響を及ぼし、口内環境の低下は患者さんの生活の質まで低下させるといわれています。

ご自身でしっかり噛んで食べることは、唾液の分泌や味覚への刺激につながります。そして食事を楽しむことで「おいしい」と感じたり、幸せな気分になることもあります。こうした脳への刺激は、お年寄りにとって非常に大切です。また、訪問診療を通してドクターとコミュニケーションをとることで、元気になったり気分転換になるという方もたくさんいらっしゃいます。
何歳になっても心と身体を健やかに保つために、ぜひ訪問医療をご活用ください。歯科医院への通院が難しい高齢のご家族がいる方は、お気軽にお問い合わせください。

0248-22-6460
一番上に戻る
須藤歯科医院ブログ 医療補控除について 求人情報 求人情報