マウスピース

歯ぎしり、摩耗、セラミックのアフターケア用

歯ぎしりとは

成人の約80%は歯ぎしりをしているといわれています。しかし、それを自覚している人は10%にも満たないといわれています。朝起きた時に顎がだるい、口が開かない、歯がすり減っている、むし歯でもないのに冷たい水がしみるという方は、歯ぎしりをしている可能性が高いといえます。
歯ぎしりや食いしばり、歯の先端を小刻みにカチカチと接触させるなどを無意識に行うことを、ブラキシズムといいます。歯ぎしりは睡眠中に知らないうちにするものなので、歯ぎしりを自覚するというのはとても困難なことです。ほとんどの場合、人に指摘されることで「自分は歯ぎしりをしていたのだ」と認識します。
歯ぎしりをする際には、通常起きている時の噛む力と比べてなんと6倍以上の力が加わっています。そのため、歯ぎしりを放置しておくと歯が割れたり、歯科治療で入れたセラミックなどの被せ物が割れることがあります。また、歯ぎしりで歯がすり減ってしまうことで神経に近づいていくため、冷たいものや甘いものがしみたり、歯ブラシの刺激で痛みが出現し、知覚過敏症になることがあります。さらに、歯肉や歯を支える骨に負担を与えるので、歯周病が進行しやすくなり、顎がカクカクとする顎関節症、口が開けにくくなる開口障害、顎のズレを引き起こすこともあります。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりについてはまだまだ不明な点も多いのですが、ストレスを解消するために行われていると考えられています。そのため、歯ぎしりの最大の原因はストレスだという説が最も有力です。発生に関しては、昼間の強い精神的ストレスや肉体疲労が原因となり、夜間睡眠中のブラキシズムを悪化させるといわれています。

 

 

お子様の歯ぎしり

歯ぎしりはお子様にもよく見られますが、お子様の場合は乳歯が永久歯に生え変わる時期に関係していることが多いといわれています。生え立ての歯で顎の位置を決めるために、一時的に歯ぎしりが発現していると考えられており、これは歯の生えかわりや骨の発育に必要な行為なので、ほとんどの場合は自然に治っていきます。

 

 

歯ぎしりの治療法

歯ぎしりは、無自覚のままに一緒に眠る人に不快感を与えたり、歯や顎骨に悪影響を及ぼすことがあります。それを防止するためには、就寝時にナイトガード(マウスピース)をつけることが有効です。咬み合わせの問題はそれぞれ違うので、ご自身の歯の型を取って、ピッタリ合ったものを作製します。
マウスピースを作製する際には、まず診察検査を受け、歯型をとります。 通常は、歯ぎしりが多い時間帯である睡眠時に装着します。 初めは違和感がありますが、ほとんどの方はだんだん慣れて気にならなくなります。 咬みしめ癖のある方は、できれば一日中着けていただきたいのですが、まずはご自身で無理のない範囲で装着していただき、慣れたら装着時間を延ばしていきましょう。
当院では、マウスピース作製時に保険を使った治療を行います。最善の治療を行うために、お口全体の状態をきちんと把握させていただく必要があるので、初診時は保険診療のレントゲン撮影や歯肉の検査を行っております。なお、マウスピース製作後に治療を行って詰め物などが入った場合、形が合わなくなってしまうことがあるため、治療が必要な歯は事前にすべて治す必要があります。

0248-22-6460
一番上に戻る
須藤歯科医院ブログ 医療補控除について 求人情報